TOPスポンサー広告 ≫ 任侠、感想5。(長いよー)TOP未分類 ≫ 任侠、感想5。(長いよー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

任侠、感想5。(長いよー)

本日は。怒涛の生放送がひと段落したということで。
任侠の感想がまだまだ途中なので続きです。
これは多分、お正月過ぎても書いてますね。すいませんね。照

だって、何をどう頑張ってもサクっとまとめられない!(´∀`)
だったら、全部書いていくしかないじゃないですか。うん。

こちらではお正月も上映される映画館があるようなので、
まだまだ行けるだけ彦一に逢って、いろいろ書こうと思います。
まだまだ、何度でも逢いたい。
毎日デジタルにも、今になって記事が。嬉しいですね。


まずこの前ふと思ったのが、
(ぼーっとしてるといろいろ思い出しちゃうんだよね)
映画の設定が冬で良かったなーってこと。
ドラマは夏だったし、真逆ってことでいろいろ新しくてオイシイ。
一番は、コートを羽織ってる彦一が、超絶カッコイイこと!!ぷはは!
スーツが少ない代わりに、革ジャンかコートかっていうのが良い。
ジャンパーの場面も多いけどね。すてきすぎる!

・・最初からミーハーな視点でごめんなさい。
でもこれ、”剛のコート姿”にではなく、
”彦一のコート姿”にやられてるわけですからね。いいのいいの。

それと今更だけど、彦一のシンボル?とも言えたデュポンが、
映画では100円ライターになっていたり。
パーラメントだったタバコが、成次が持ってきた時からずっと、
格下げらしいショートホープ(知らんけど)になっていたり。
そこから、彦一のぶっきらぼうでも男気や思いやりがあるところとか、
彦一の今の宙ぶらりんな状態や、
追い込まれた立場に合っているところとか、
いろいろ見えてくるのが面白い。

どこかで”デュポンは羽鳥さん思い出すからやめたのかな?”って
書いていた人を読んだけど、そこまで考えていたとしたらほんとスゴイ。
確かに、西谷監督と剛なら考えてそうな気がしてしまう。
そうゆうところ、想像を楽しませてくれて、
すごく練られていてたまらないです。


では続きを。
茜の家から帰って目が覚めると、施設の床で寝てる彦一。
新しい入居者の 「帰りたいよー」 っていう声で目が覚めるわけだけど、
立ち上がって、管理人を探す姿が完全に彦一。
なんかね、喋り方とか立ち振る舞いはいつも言っているけど、
ちょっと周りを見渡す姿だけでも彦一でしかないって、なんだろうこれは。

「おい!様子見に行ってこいよ!」 って管理人を見つけて言うと、
「あんた、ヘルパーやったことあるのか?」 って言われて黙る彦一。
ここで私は、「あるよ!」 って言えばいいのに!と思ってしまったけど、
多分そんなこと言いたくもないし、言うわけにはいかないんだよね。
にしても彦一って、いつも自分を擁護するようなことは言わない。

ずっとあとだけど、葉子に 「子供たちに会ったの?」 って言われた時も、
「俺がラーメンおごったんだよ!」 って言えばいいのにと思ってしまった。笑
潔くて男らしいけど、ほんと、不器用だよなぁ。
このあと波江に小馬鹿にされて凄む場面も、
ダサイ彦一だけど迫力があって好きです。

このあと日吉が来て、
日吉が車からポイ捨てするタバコを目で追うのは、
自分のものが汚されたというか、
イラつきと共に確実に違和感を感じ始めた、瞬間な気がする。
ここは、小説には無いんだよなー。
あとからできた演出なんだろうけど、良い。
特にクローズアップされるわけでもないというのがまた、良い。


八代父の七回忌。
そういえばまだ一度も書いていなかった照生さんについて。

彼はきっと、越えられない父がずっとコンプレックスになっていて、
でも、父と同じ議員になったことで肩を並べたし、
昔の俺とは違う、と思っていて。
権力を使って、胸を張って葉子に施設を紹介するのはいいけど、
好きな人の経済状況も全く把握できていないようでは、
地域の経済がどうとか、言えたもんじゃないよなーとか思ったり。

そんな照生の挑発に日吉が乗せられてしまいそうになって、
「頭(カシラ)!」と直ぐさまバリアを張る彦一。かーっこ良い!!
彦一は、ちょっとでも誰かが手を出したりしないように、
一瞬の判断で日吉の前に出てくるわけだけど、
その時の、主役が焦点が合わないまま画面手前に大写しになる図が、
カッコイイ!こうゆうところのこの映画のセンスも、好きです。


そうだ。この映画についてもう一つ。
七回忌の帰りに、彦一が何か違うシノギが無いか朝比奈に頼む時、
朝比奈が 「おう、彦一」 って呼び止める場面。

私ね、”翼彦一”って名前がすごく好きなんです。え、皆も?(´∀`)
翼はスっとしたイメージがあるし、彦一っていうのが、
なんとも彦一らしいというか、そのものというか、
彦一のキャラのことをよく表していて、大好き。
(よく分からないけど伝わりそう)
だから、この映画では彦一って呼ばれるのがここしか無いので、
朝比奈だけど嬉しいのです。

「彦一さん」 って呼ぶ人も、いないもんなぁ・・。
それを思うと、この映画の彦一は最初、ほんとひとりぼっちだ。


成次とうみねこの家に戻ると、
フェンスから無理やり出ようとしている、町山さんが。
成次に 「おう、お前先戻ってろ」 って言う、
シートベルトの外し方も、彦一でしかなくて、細かいけどツボです。

これまで入居者とあまり関わろうとしていなかった彦一が
町山さんと向き合うことになった瞬間に、
自然に背中に手を置いて、自然に出てくる言葉が、好き。
二人の顔が、すごく穏やかになる瞬間が好き。
町山さんの肩に手を置いて歩く彦一って、こんなに大きかったっけ?
背は大きくないのに、彦一の存在感はすごく大きく見えるから不思議です。

それにしても、町山さんがあのヘイトウィルスの所長さん?で、
梅ちゃん先生で梅ちゃんに屈伸させてた人だとは!
最初にパンフレットを見て、びっくり!!
(ちなみに梅ちゃん先生は主題歌がきっかけで、
初めて全部見た朝ドラになりました)
任侠ヘルパーのおじいちゃんおばあちゃんの演技は、
ほんとに素晴らしいですね。

素晴らしいと言えば、悠里も、ほんとによくできたお姉ちゃん。
病院でおばあちゃんを見つけたら、
そこには悠里の知っているおばあちゃんがいなくて。
すぐ後ろにいた弟にその姿を見せまいとする、起点の早さ。
この起点の早さと、よく周りを見ているところと、
ぶっきらぼうだけど、優しさがあるところが、なんか彦一に似てる。笑


そのあと、浜辺のところで座ってタバコを吸っている彦一。
切なさとか哀しさとか、もどかしさとかが滲み出てる。
台詞はないけど、大好きな場面。
今までクサナギツヨシの主演映画は 『黄泉がえり』 から全て、
一度は両親と観ることにしているのですが。
いつも何も言わない父が初めて、
「あれは良かったなー、健さんみたいだった」 と言っていました。嬉しい。


で、あの場面からどうやってラーメンを食べに行ったのか、
ちょっと知りたいので想像してみたりすると。
「おうっ」 とだけ言って、ついてこい的な仕草をしたか、
何も言わずに連れて行ったか、・・そんな感じかなー。妄想妄想。

あの豪快なラーメンのすすりっぷりを見ると、
ドラマで焼きそばを一気にすすっていた姿を思い出します。
あれは彦一にしか、できないよなー。吸う力強すぎ。笑
この時、一瞬にしてより颯太にとって近い存在になるわけだけど、
やっぱり自然と男に慕われる彦一なんだよなぁ。

あぁ、アニキまじかっこいいです。


こんな感じで、お付き合いありがとうございます。(´∀`)


そして多分、今年の更新はこれで終わりになります。

9月からブログを再開して、
またたくさんの人に読んで頂けるようになって本当に嬉しかったです。
読みにきてくださっている皆様、本当にありがとうございます。

剛さんにはついていくのがやっとなほど!
ものすごい多忙な2012年でしたが、
来年も、きっと素晴らしいことがたくさんありますように。
剛が、スマップが、ずっと笑顔でいられますように!

来年も、よろしくお願いします。



ツボがあった時、もっと頑張れよと思った時、押してくださるととても励みになります!
ブログの感想やメッセージもお待ちしています!!
未分類 | Comments (-) | Trackbacks (-)
WRITER

k

HN:k
草なぎ剛 ブログ SMAP 草剛 サイト剛のひとまわり下

クサナギツヨシの可愛さに叫び、
男前な姿にドキドキし、
へたれっぷりに爆笑し、
意味不明っぷりにやられ、
人として尊敬し、毎日幸せを
もらって頑張っております。
5スマ大好き。
どうぞ一緒に壊れてください。

-*auto focus* について-

INFORMATION


(count-start:2006-07-01)
検索/草なぎ剛 クサナギツヨシ
Pick Up!!
09.1.24 愛してるんだけどバトン
LIST & UNION


◆SMAP PEOPLE◆
(SMAPファン共有ブログリスト)


◆4024UNION◆
(しんつよ好き同盟参加中)
4024UNION

Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。